貸家を建てようと思っていた

賃貸経営

主人の実家の土地で、恐らく相続できるであろう土地があります。

2年ほど前に、その土地を生前贈与してもらってマイホームを建てるか、それとも貸家を建てるか、もしくは売ってしまうか…という話になったことがありました。

ちょうど賃貸にずっと住んでおりマイホームを検討していたので最初はマイホームもいいかなと思ったのですが、不便な場所だったこと、子供が小学校を転校しないといけないことなどを考えて結局マイホーム案はなしになりました。

結局主人の希望もあり、貸家を建てれば家賃収入でローンが返せるということで貸家を建てる方向で話がまとまりました。

貸家にするのであればあまりコストをかけることはできない、でも普通の家では他の借家と差別化ができない…。ということで、当時は主人と一緒にあちこちホームメーカーを回りました。

あちこち見たのですが、最終的に木造で1,000万台でできる、シンプルでおしゃれな戸建てを見つけました。

間取りもよくキッチンもかなり広い、かつキッチンやバス等もわりと上質なものが入っており、また家事動線もよさそうで、もし自分が住むとしてもいいかも…と、かなり気に入りました。

主人の両親やきょうだいにも話をして、いいんじゃない?と言ってもらえ(主人のきょうだいもそのモデルルームを見に行ったようで、「とってもいいね~!ここなら入居希望者がたくさんいるんじゃない?」と言っていました)、話はトントン拍子に進んでいたのですが…。

ちょうどその頃に自宅の近く(もともとマイホームがほしかった地域)にとても魅力的な売土地が出て、その土地のほうに意識が行ってしまいました。

貸家は今でなくてもいいけれど、希望の土地は今を逃したらもう買えないかもしれない!ということで、結局その土地を購入してマイホームを建てることになりました。

これ以上ローンが組めなかったので、結局貸家を建てようとしていた実家の土地はそのままになっています(汗)。

いつか落ち着いたら、またその土地の活用法を考えなきゃなーと思っています。