貸家を持っている主人への感謝

不動産投資セミナー東京

主人は貸家を持っています。やはり貸家のオーナーと言うのは色々リスクがつきまとうものだなと見ていて思います。

その家は最初から自分が住むための住宅ではなく投資用の物件として建て、かれこれ10年くらいになるのですが、幸いにして現在までほとんど空き家になった期間がありません。

まぁまだ築年数が浅いのである程度当たり前といえば当たり前ですが…。主人はやはりこれからが怖いと言います。

だんだん建物も少しずつですが老朽化し、修繕費用もかさむようになってくる。

今の住人さんが出たらすぐにまた決まるとは限らないし、これからはまた段階的に家賃も下げないといけないだろうし…と色々不安はつきないようです。

住宅ローンはまだ残っているし、常に余剰金は数百万円持っておかないと常に不安だと言っています。

私は最初は積極的に関わってはいなかったのですが、経理をするようになってからは確かにそうかも…と思うようになりました。

賃貸住宅のオーナーと言うのはやはりうまく入居者が入れば収入(リターン)は大きいけれど、リスクもかなり大きいなと。

主人は貸家の管理を管理会社にお願いしているのですが、その担当者から電話がくるたびに心臓が止まりそうになるそうです。退去の連絡じゃないか、と…。

やはり退去するともちろんまた次の入居者を探さないといけないし、かつ清掃などで部屋が空く期間ができるので家賃収入もその間はない…。

もちろんほとんどの電話はちょっとした修繕関係のものであったり、その他の件であったりするのですが。

あと10年もすればなんとかローンが返せそうなので、なんとかそれまでは入居者が切れず順調に入り続けてくれればいいなと祈っています。

大きなリスクを背負いつつ、家族のことを思って貸家をつくるという決断をしてくれた主人に心から感謝をしています(でも私が男でも、小心者なのでそんな決断はできなかったと思います。やはり数千万の借金をかかえるわけですし)。

そんな感謝の気持ちを行動で示そうと思い、最近私も不動産投資の勉強を始めました。

インターネットを活用しての知識の収集がメインなのですが、不動産投資セミナーが無料で開催されていることがわかりました。

主人の物件は都内にあるので、東京で開催される不動産投資セミナーに参加することにしました。

セミナーに参考にするにあたり、私が参考にしたサイトがありますので、ご紹介します。

空き家スイッチの不動産投資についてのページです。

都内、都内近郊の方でセミナー参加を考えている方は、是非参考にして下さい。