住宅購入のタイミング

マイホーム

昔は住宅の購入は「子どもが小学校の入学前を目途に」なんて言われていたようような気がします。

子どもが小学校に入学したら転校するのはかわいそう、そんな理由で言われていたと思います。

また、子どもが小さいうちに住宅を購入すると、せっかくの新築の家が汚れる・傷がつくなんて理由で子どもがある程度の年齢になってからの方が家をきれいな状態で保てる、という理由もあったと思います。

でも私は子どもが誕生して、住宅の購入を考えた時に、小学校入学前では遅いと思いました。

その理由としては、住宅ローンです。賃貸では家賃を払い続けても自分達のものになりません。私達夫婦は共働き期間も長かった為、ある程度の頭金に回せる貯蓄もあったので、自分達の資産になるように投資しようと考えました。

また別の理由としては、子どもを賃貸アパートで育てるにも限界があると感じたからです。

活発に動き始めるようになると、上下左右の住人の方への騒音が気になるようになってきます。だからと言って、子どもに「あれしちゃ駄目、これしちゃ駄目」と駄目、駄目ばかりの育児はしたくないと思ったので、自分達の持ち家でのびのびと子育てできるようにとも考えました。

他には、子どもの保育園・幼稚園問題です。住んでいる場所によって、選ぶ保育園・幼稚園は変わってきてしまいます。

できれば、自宅から近い園が良いと思いますし、近所に住む子ども達と同じ園の方が良いかな、とも思います。

同じ市内に移り住んだとしても、選ぶ園は変わってくることでしょう。市外に移り住んだならなおさら変わってきます。

保育園ならば、転園を余儀なくされるでしょうし、幼稚園だったとしても園バスが来る・来ないなどの条件も違ってきます。

なので、小学校入学前よりも保育園・幼稚園の入園前の方が良いと感じました。また、子どもを育てる上で、腰を据えた・落ち着いた環境で育てたいとも思ったからです。

賃貸では近所付き合いもなく、孤立した生活ですが、腰を据えることにより、子どもも近所との付き合いが増えるので、地域で育つ気がしたからです。

なので、私は家が汚れる・痛むことを気にするのではなく、子どもの為にも早めに住宅の購入に踏み切っても良いと考えています。