マイホームが決まるまで

新築でマンションを購入して8年になります。何気なくここと思って決めましたが、そこに至るまでは苦労がありました。

マンションが欲しいと嫁と意見が合致しマンションを中心に探しました。

良い物件を見つけたと思ったら周りに何もなかったり駅が物凄く遠かったり、トントンと話が進んでもなんとなく嫌だったりとなかなか上手くいかないことの連続でした。

物件探しは凄く労力のいることですし心が折れそうだった頃に今のマンションに出会ったのです。特に目立って良いというものはなかったのですが、駅が近かったですし、子供に通わせる学校も悪くない。

駐車場無料、ネット回線無料、ゴミ回収24時間毎日という条件に釣られて決めました。

やっと決まったという安堵感で一杯になり、決まった事だけで満足したというのがその時の正直な感想です。

引越を終えて住み始めると、隣の工場がうるさいだとかゴミ回収の問題等が発生して困ることがありましたが、特に大きな問題ではなく慣れてしまえば何ということのない問題となりました。

生活に慣れた頃に近所に大型商業施設ができたり夜間でも診療可能な救急病院ができたり、100均ショップや電気屋、ホームセンターにスーパーまででき始めたので一気に生活環境が良い具合に変わったのが私にとっては幸運でした。

今では本当に住みやすくこのマンションを購入して良かったと思います。

マンションを探し回ってた頃はコンビニが常駐している、温泉がある、子供が遊ぶ施設がある等目先の良い物に目を奪われそうになりましたが、結局そういった物は管理の問題だったり、お金の問題だったりが発生したりして先々頓挫するだろうと今となっては思います。

私の場合はラッキーだった面もありましたがやはり生活環境がきちんとしているというのが一番だと思います。

私のマンションにもこの先色々と問題が発生するとは思いますがせっかく気に入って住んでる家なのだから精一杯楽しんだ生活を今のこの家で最後までしていきたいです。

そしてこれは弟の話になるのですが、ひとつ紹介させて頂きます。

弟は北海道の札幌に転勤していたのですが、責任ある仕事を任され、そして結婚して子供をもうけたため、しばらくは札幌での生活が続くことになったのです。

そこでマイホームを購入することになったのですが、少し変わり者の弟は普通に買うのは面白くないと、競売でマイホームを購入することになりました。

競売についていろいろと勉強をしたそうで、結果的に市場価格よりも3割近く安く購入することができたようです。

弟いわく、ポイントは競売物件をいろいろ調査することだと言っていました。

実際に現地行くのは大変なので、時間があるときにはネットで競売物件をチェックすると良いそうです。

あとは相場感をやしなって、無理な価格では入札しないことがポイントだと。

そう考えると急いで買う方には不向きで、じっくりと家探しをしたい方にてきしているのかもしれませんね。

フロアタイルで簡単リノベーション

フローリングが痛んできた、部屋の雰囲気を変えたい、などリノベーションをしてみたいと思ったことがある方は多いと思います。
私は築30年の古民家に住んでいるため、アンティークの可愛い雰囲気を生かしながら、フローリングの色を変えてみたいと思い、インターネットで色々と調べてみました。
プロの業者に頼んで本格的にリノベーションすることも出来ますが、その場合はどうしても費用が嵩んでしまいます。
部屋の雰囲気を変える模様替え程度に考えている場合や、また定期的に元に戻したり新しい雰囲気に変えていきたい場合には、自分自身のDIYでも十分イメージが一新するリノベーションを簡単にすることが出来ます。
たとえば、古いフローリングの上から新しいフローリング調のシールを貼ったり、フローリングタイルを並べたり、フローリングカーペットを敷くだけで部屋の雰囲気をがらっと変えられます。賃貸の場合にはフローリングタイルにすると、フローリングタイルの裏に特殊な加工がされてあり、古いフローリングの上に1つ1つ並べていくだけであっという間に新しいフローリングに生まれ変わるのでお薦めです。部屋の形により、凸凹がある部分をカッターで調整したり、より本物のフローリングに見せるために、1つ1つのフローリングタイルの継ぎ目を次の列とずらしていく、など細かな調節が必要になる場合もありますが、女性1人でも2~3時間でリノベーションが可能です。
また、フローリングタイルやフローリングカーペットにも様々な色・素材の種類があり、流行りのアッシュベージュやダークブラウンなど、部屋ごとに全く違う雰囲気を縁し湯つすることが出来ます。また、防水加工も施されているため子供がいる家庭でも安心です。インターネットでフローリングタイルを注文し、カッターを握りしめて各部屋のリノベーションに取り組み、全く違う雰囲気の部屋をつくることが出来ました。

アパート経営について

アパート経営

私の周りには、アパート経営をしている人が何人かいます。主人側の親戚で3名ほどと、姉の義父です。

皆もともと土地を持っていたから…という人ばかりですが、姉の義父は土地から購入してから建てたそうです。

子供が多いので、仕事以外の収入も確保しておきたいと思ったのかもしれません。もう築20年以上たっているのでローンは恐らく完済していると思われます。

しかも12世帯のうち2世帯は義父の子供達家族(姉の夫のきょうだい達)が家賃なしで住んでいるそう。

どちらの親からも全く何の援助もなく家を購入した姉からすると、「あんなに親に甘えて…」とちょっと不満なようですが、まぁローンを既に払い終えているのなら仕方ないかなという気もしますし、同じように親が持っているアパートの部屋にただで住んでいるという友人も社会人時代に2名ほど会ったことがあるので、世の中では意外に珍しくないというかあることかもしれないなと思います(当時は、甘えているなーという思いより単純にお金が浮いていいなーという思いしかありませんでしたが)。

でも!私がもしアパート経営したとしても、絶対に子供には貸さないと思います。

やはり子供が親に金銭的に甘えるという構図ができてしまうからです(そういう自分は、もし若い頃に親がアパート経営していて無料で住めるのなら住んじゃってたと思いますが…矛盾しているのは承知です。汗)。

それにそうやって育てているとまた変なお金目当ての彼氏彼女がきても困るなと思うし。

もし貸すにしても1万円引きとか程度にとどめるかなと思います。確かに貸すほうからすると、貸す相手が安心できるというのは一番かなと思いますし。

アパート経営はしたことはありませんが、やはりどんな人が住むかはわからないし、変な人が入居してしまってはトラブルにもなりかねない。

ましてや自己物件にでもなってしまったら目もあてられません。

いずれにしてもアパート経営はリスクも大きいですから、決断してアパート経営に踏み切った人はある意味勇気があるなーと思います。