貸家を持っている主人への感謝

不動産投資セミナー東京

主人は貸家を持っています。やはり貸家のオーナーと言うのは色々リスクがつきまとうものだなと見ていて思います。

その家は最初から自分が住むための住宅ではなく投資用の物件として建て、かれこれ10年くらいになるのですが、幸いにして現在までほとんど空き家になった期間がありません。

まぁまだ築年数が浅いのである程度当たり前といえば当たり前ですが…。主人はやはりこれからが怖いと言います。

だんだん建物も少しずつですが老朽化し、修繕費用もかさむようになってくる。

今の住人さんが出たらすぐにまた決まるとは限らないし、これからはまた段階的に家賃も下げないといけないだろうし…と色々不安はつきないようです。

住宅ローンはまだ残っているし、常に余剰金は数百万円持っておかないと常に不安だと言っています。

私は最初は積極的に関わってはいなかったのですが、経理をするようになってからは確かにそうかも…と思うようになりました。

賃貸住宅のオーナーと言うのはやはりうまく入居者が入れば収入(リターン)は大きいけれど、リスクもかなり大きいなと。

主人は貸家の管理を管理会社にお願いしているのですが、その担当者から電話がくるたびに心臓が止まりそうになるそうです。退去の連絡じゃないか、と…。

やはり退去するともちろんまた次の入居者を探さないといけないし、かつ清掃などで部屋が空く期間ができるので家賃収入もその間はない…。

もちろんほとんどの電話はちょっとした修繕関係のものであったり、その他の件であったりするのですが。

あと10年もすればなんとかローンが返せそうなので、なんとかそれまでは入居者が切れず順調に入り続けてくれればいいなと祈っています。

大きなリスクを背負いつつ、家族のことを思って貸家をつくるという決断をしてくれた主人に心から感謝をしています(でも私が男でも、小心者なのでそんな決断はできなかったと思います。やはり数千万の借金をかかえるわけですし)。

そんな感謝の気持ちを行動で示そうと思い、最近私も不動産投資の勉強を始めました。

インターネットを活用しての知識の収集がメインなのですが、不動産投資セミナーが無料で開催されていることがわかりました。

主人の物件は都内にあるので、東京で開催される不動産投資セミナーに参加することにしました。

セミナーに参考にするにあたり、私が参考にしたサイトがありますので、ご紹介します。

空き家スイッチの不動産投資についてのページです。

都内、都内近郊の方でセミナー参加を考えている方は、是非参考にして下さい。

マイホームを建てるために土地を購入。

我が家は今、私と主人、2人の子どもの4人で賃貸アパートに住んでいます。

主人と結婚して5年経ちますが、私はこの5年の間、ずっとマイホームが欲しいと思っていました。
そんな話を主人にすると、主人は「まだ先でもいいんじゃない?あと5年後ぐらいかな?もう少しお金が貯まってから・・・。」といつも言われていたので、ここ最近は自分からはマイホーム購入の話をしないようにしていました。

たしかに主人が言っていることは正しくて、お金を少しでも多く貯めて、少しでも多くの頭金を払えたほうがいいというのは理解することができたので、何とか自分に言い聞かせて、マイホーム購入はしばらく無理だなと諦めていました。

私がそんなふうに思うようになってからしばらく経った頃、主人が「やっぱり、そろそろ家を建てようか。」と言いだしたのです。

私にとっては嬉しい話でしたが、主人の考えががらっと変わったのには驚きました。あんなにマイホームには興味がなかったのに・・・。

理由を聞いてみると、一緒に主人と働いている会社の同僚や、先輩が立て続けにマイホームを購入したようなのです。

それは新築マンションだったり、注文住宅だったり、建売住宅だったりといろいろだったようですが、主人のまわりではマイホーム購入ラッシュが起こっていたようです。
実際に新しい家に住んでいる同僚の話を聞いて、急に自分がマイホームを持つことに現実味が湧いてきたそうです。もちろん、快適なマイホームが羨ましいというのもあったみたいですが・・・。

そんなわけで、今はマイホーム建設に向けて、毎週土曜日、日曜日を使って、工務店やハウスメーカーを回っています。
少し前に、今住んでいる賃貸アパートからさほど遠くない場所に土地を購入したのです。

その土地の情報は新聞の中の小さな広告に載っていたのですが、土地の場所、形、向き、広さ、値段の全てが、私たちが探していた条件にぴったり合うものだったのです。
急いで現場を見に行き、まわりの環境などもしっかり見て、そのまま不動産屋へ直行し、売買契約を結んできました。

あとは、ゆっくりとハウスメーカー、工務店を探して、依頼するだけです。
どんなマイホームになるのか、とても楽しみです。

住宅展示場へ行ってきました。

住宅展示場

家の間取りとか見るのが大好きで、チラシはもちろんのこと、
今はネットでも簡単に中古物件を検索できてしまうので、よく見ています。

先日は住宅展示場まで足を運んで、今の最新の技術はどんな風になっているのかを
見にいってしまいました。

住宅展示場は行くだけでプレゼントがもらえることもあって大好きです。
アンケートは書かないといけませんが、
無理な押し付けや電話などもないので、気軽に遊びに行けます。
そしてアンケートを書くとさらにお弁当箱やスチーマーなどももらえます。
可愛いスヌーピーのお弁当箱(3つの箱)ももらっちゃいました。

また、住宅内も、家の中をすみずみまで案内していただけて、
すごく新鮮な気分でテンションが上がります。

今はすごく広い間取りが人気のようで、
特に一階部分はリビングやダイニング部分をすべてつなげて広くしたり、
隣に和室がくっついていたりと、広々とした印象を受けました。

広くて開放的はよいのですが、主婦としては広いので掃除が大変なことと、
お客様を通すと、一階すべてを見られるという感じがあって、ちょっと困ることもあるかと思うのですが、
やはり新築の醍醐味で良いですね。

そして天井部分が高めになっており、より解放感を感じます。

が!!実際、吹き抜けにしている友達の新築の家は、
吹き抜け部分のおしゃれなランプにホコリがいっぱいたかってて、
そこからホコリが舞い落ちる風景がちょっとびっくりしました。
最初はキレイで良いのですが、やはり毎日の掃除が大変ですよね。
吹き抜けのランプ部分ってなかなか手が届かないし危ないので、ちょっと困りますね。

あとプロペラの回っている吹き抜けもおしゃれなんですが、プロペラの掃除が本当に大変だろうなと思います。

でも、将来はこんな風な家に住みたいなとか思いながら間取りやインテリアを見るのが大好きなので、
住宅展示場が大好きです。

週末にチラシが入るので、また行きます、下見はたくさんしたほうが良いので。

もう少し子連れ以外でも入りやすい雰囲気に作ってもらえると、
カップルや独身でも気軽に見に行けるようにしてほしいです。